2020年8月4日

企業情報

Akerunが物理アクセス・プラットフォームとして進化、あらゆる場所やシーンにいつも使っているICカードでアクセス

三井不動産と協業し、新サービス「Akerun来訪管理システム」の問い合わせ受付を開始




株式会社フォトシンス(東京都港区、代表取締役社長 河瀬航大、以下フォトシンス)は、本日、新戦略となるキーレス社会を実現するためのアクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence(アケルン・アクセス・インテリジェンス)」と新サービス「Akerun来訪管理システム」に加え、三井不動産株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 菰田 正信、以下三井不動産)との協業を発表しました。

新戦略:すべての鍵をクラウド化するAkerun Access Intelligenceの発表
従来からオフィスや施設向けに提供しているAkerunの特長に加え、新戦略となるアクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」*により、ビジネスからプライベートまですべての鍵をクラウド化して、利用者の利便性やセキュリティの向上を目指す”キーレス社会”の実現への取り組みがさらに進化します。

*特許出願中




「Akerun Access Intelligence」では、ユーザーが普段使用している交通系ICカードやスマートフォン、社員証/入館証などユーザー固有の物理IDと、メールドアレスや電話番号などのデジタルIDを組み合わせた情報を「AkerunユーザーID」として登録し、様々な場面で活用します。これにより、オフィス、ビル、ホテル、自宅など、プライベートからビジネスまでの幅広い場面でこの「AkerunユーザーID」を活用して、Akerunが導入された様々な空間にアクセスできる世界が実現します。

具体的には、「Akerun Access Intelligence」を通じて、「AkerunユーザーID」として登録されているユーザーのメールアドレスや電話番号と紐づいたICカードに、指定のAkerunへのアクセス権限が付与できます。これにより、ユーザーはAkerunを起点とした1つのIDを様々な場所やシーンへのアクセス管理に活用することで、さらに高度なセキュリティと利便性を享受できるようになります。

この「Akerun Access Intelligence」により、フォトシンスが創業以来のビジョンとして掲げる”キーレス社会”のさらなる進化とその適用領域の拡大に向けた取り組みを一層加速します。


Akerun Access Intelligenceを推進するための新サービス「Akerun来訪管理システム」を発表、本日より問い合わせ受付を開始
「Akerun Access Intelligence」を推進するために、従来からオフィスや施設向けに提供する「Akerun入退室管理システム」に続く新たなサービスとなる「Akerun来訪管理システム」を新たに発表し、本日よりベータカスタマーの問い合わせ受付を開始します。





現在、主にオフィスビルなどを中心にセキュリティゲート(フラッパーゲート)や受付対応によるアクセス制御が行われていますが、このような運用においてはセキュリティや来訪/受付情報のデジタル化、効率性の面で以下のような課題がありました。

  • お客様が来訪した際に、受付で会社名や氏名を手書きで記載する必要がある
  • 受付時に手書きで提出された来訪者の情報や履歴をリアルタイムでデジタル化/クラウド化できない
  • 受付対応時に、名刺などの複製可能な身分証明書で個人を認証するなど、セキュリティ面で不安がある


このような課題を受け、フォトシンスでは新たに既設のセキュリティゲートに後付けで導入できる「Akerun来訪管理システム」を開発しました。「Akerun来訪管理システム」により、いつも持ち歩いている交通系ICカードなどを「AkerunユーザーID」として事前に登録することで、個人認証による高いセキュリティを確保しながら、セキュリティゲートに安全かつスムーズにアクセスできるようになります。

また、すでに累計4,500社以上に導入され、オフィスなどで活用されている「Akerun入退室管理システム」と合わせて利用することで、利用者はビルのセキュリティゲートからオフィスのエントランスまで、複数の扉に1つのICカード(1つの「AkerunユーザーID」)でアクセスできる利便性を享受できると同時に、ビルやオフィスの管理者は高度なセキュリティと来訪者/利用者の入退室管理や来訪管理のデジタル化/クラウド化を実現できます。

Akerun来訪管理システムに関するお問い合わせや概要は以下のURLをご参照ください。 https://akerun.com/visitor_and_reception/


三井不動産の新オフィスで「Akerun来訪管理システム」の実証実験を実施
本日、「Akerun Access Intelligence」による”キーレス社会”の実現に向けた取り組みとして、三井不動産との協業を通じた「Akerun来訪管理システム」の実証実験を発表します。





三井不動産では、同社が運営するシェアオフィス・レンタルオフィス・サービスオフィス「ワークスタイリング」で、2018年から「Akerun入退室管理システム」を活用しているほか、自社オフィスでの入退室管理にも利用するなど幅広い用途やシーンでAkerunを導入しています。そして今回、新たに日本橋室町三井タワー(東京都・日本橋室町)の三井不動産の新オフィスで「Akerun来訪管理システム」を活用した実証実験を実施しています。

この実証実験では、三井不動産の新オフィスの受付とセキュリティゲートに「Akerun来訪管理システム」を導入しています。これにより、来訪者はAkerunユーザーIDとして登録されたICカードを利用して三井不動産の新オフィスのセキュリティゲートにアクセスできるようになります(*1)。これにより、来訪者はいつも使っている交通系ICカードや社員証などのICカードを自社オフィスの入退室だけでなく、三井不動産の新オフィスのセキュリティゲートへのアクセスにも活用できるため、利便性が大幅に向上します。また、導入する三井不動産では、来訪者の来訪/受付履歴をクラウド上の管理画面からリアルタイムで確認、参照できます。

(*1) 来訪者が既に自社でAkerunを利用し、その自社のAkerunにICカードを登録してある場合。または過去に三井不動産が実証実験を行っている「Akerun来訪管理システム」にICカードを登録している場合。また、それぞれセキュリティゲート通過前に「Akerun来訪管理システム」専用アプリへの来訪登録が必要となります。


フォトシンスは、アクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」のもと、従来から提供してきたセキュリティや入退室管理、勤怠管理に加え、来訪管理、空間管理、そしてライフスタイル全般のアクセス認証を実現するためのサービスの開発・提供を加速し、さらなる事業成長とキーレス社会の実現を目指します。


本日発表した累計50億円を突破した資金調達に関するプレスリリース、ならびにAkerunの新しいサービスロゴに関するお知らせも合わせてご参照ください。

・資金調達に関するプレスリリース
https://akerun.com/financing202008/

・新しいサービスロゴに関するお知らせ
https://akerun.com/new-akerun-logo/

この記事をシェアする

NEWS一覧をみる