新拠点のドアも既存のカードで解錠。手間要らずな仕様が導入のカギ


弁護士ドットコム株式会社の導入事例


目的/効果

‐分室の入退室管理

‐既存のセキュリティカードで解錠

‐手間要らずで低コストな運用

弁護士ドットコム株式会社
管理部 経理チームマネージャー 公認会計士
伊藤 達也さま

クラウドサイン事業部 デザイナーチーム 兼 ディレクターチーム
兼 カスタマーサクセスチームマネージャー
佐伯 幸徳さま

弁護士の3人に1人以上が登録しているという日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」を開発・運営。登録弁護士に無料で法律相談ができるサービスや、相談分野・地域から弁護士や法律事務所を探すことができる機能を提供している。その他関連サイトの運営に加え、2015年にはクラウド上で契約が締結できる「クラウドサイン」の運営を開始。2018年にグッドデザイン賞BEST100に選出され、利用企業30,000社以上から評価を得るクラウド契約サービスに成長している。

Q導入の経緯について教えてください。

A管理がラクで低コストなセキュリティシステムを探していて、見つけたのが『Akerun入退室管理システム』でした。

003_1.mini

本社では大手のセキュリティシステムを導入しているのですが、2018年10月に「クラウドサイン」の分室を設けることになり、分室にも何かしらのセキュリティを施す必要がありました。ただ、本社と同じような大手セキュリティシステムを導入するとなると導入コスト・ランニングコストが高すぎますし、カードを紛失した際に再発行を申し込む必要があるなど、手間がかかる部分も見えていました。
ラクな運用で、且つランニングコストも抑えられるシステムに的をしぼってサーチし、見つけたのが『Akerun入退室管理システム』でした。本社で使っているセキュリティシステムのICカードをそのままこのサービスの鍵にできるということで、分室用に新たなカードを用意する手間が省けた点もよかったですね。


Qなぜ『Akerun入退室管理システム』をお選びいただけたのでしょうか。

Aデモンストレーションを見たことで、その日のうちに運用イメージが掴めたんです。

015_2.mini

他社のセキュリティシステムも候補には上がりましたが、『Akerun入退室管理システム』の場合は検討段階で担当者さんが来社してくださり、実際のサービスを使い熱心にデモンストレーションをしてくれました。その日のうちに導入後のイメージも掴めましたし、デモンストレーションを見た上司も一発で気に入った様子でしたので、これなら安心して導入できると思えたんです。また、見た目の高級感、重厚感や動作音のかっこ良さも、上司含め皆気に入っています。


Q導入後はどのような利用をされていますか。

A本社のセキュリティシステムのICカードで解錠していますが、もっとおもしろい解錠の仕方もありそうですよね。

043_3.mini

分室の、執務室と会議室の扉に『Akerun入退室管理システム』を設置しています。先程も申し上げたとおり、本社のセキュリティシステムのICカードで解錠していますよ。弊社は新しいソリューションをどんどん取り入れていこうという社風なので、今後はICカードだけではなく、スマートフォンやApple WatchのモバイルSuicaでの運用も推し進めていきたいですね。
事業部長は、ICチップを埋め込んだ指輪で解錠したいと話していました。このサービスはFeliCa、Type-A(MIFARE)に対応したICカードやICチップなら鍵として使えるので、アイディア次第でいろいろとおもしろい使い方ができそうですよね。
また、現在「TeamSpirit(チームスピリット)」というプラットフォームを勤怠管理システムとして使っていますが、いずれは『Akerun入退室管理システム』とAPI連携したいと考えています。入退室の時間を自動的に勤怠として登録することができれば、より利便性も向上すると思います。


Q今後このサービスはどのように貢献できそうでしょうか。

Aクラウド契約サービス「クラウドサイン」と連携したらおもしろそうだと感じています。

052_4-2.mini

弊社は「弁護士ドットコム」以外に、「クラウドサイン」というクラウド上で契約を締結できるサービスを提供しています。現在は契約の締結のみに絞ったシンプルなサービスですが、今後は契約書の作成などをはじめとして、もっと様々な契約ができるサービスに進化させていこうというビジョンがあります。
たとえば、クラウドサイン上でシェアサイクルの契約をすると、連携した『Akerun入退室管理システム』が解錠し、契約者はすぐに自転車に乗れるようになる…そんなことができたら、とてもおもしろいと思うんです。クラウド上での契約から現実世界での利用までがシームレスにつながっている、そんな世の中になればいいですよね。


弁護士ドットコム株式会社

住所(本社):〒106-0032 東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル6階
URL:https://corporate.bengo4.com


新拠点設立/支店/営業所等への導入