デザイン性の高い物件のドアでも入れ替え工事なしで手軽に導入


株式会社サーキュレーションの導入事例


目的/効果

‐工事・ドア交換不要

‐低コスト

‐フロアごとのユーザー管理

株式会社サーキュレーション
管理本部 総務・ファシリティ部 村上 昂星さま

プロフェッショナル人材のシェアリングサービスを運営。ノウハウや知見を必要とする企業に対して、同社に登録するプロ人材が専門性を活かして支援を行う。新規事業の立ち上げや生産コストカットなど、企業の様々な経営課題に対応。“雇用”ではなく、プロジェクト単位など、必要なときだけ活用できる仕組みが特徴。

Q導入の経緯について教えてください。

A入退室管理システムの入れ替えを検討する中で見つけました。

033_mini

『Akerun入退室管理システム』は、前職のときから知っていました。従業員が600人くらいで約4フロア、800坪くらいのオフィスだったのですが、そこの入退室管理システムを入れ変えることになったとき、費用が高額になることがわかったのです。そこで、さまざまな代替案を探す段階でこのサービスを見つけました。その際、見積もりを出していただくところまで話が進みましたが、導入の一歩手前というタイミングで私が転職してしまい、導入の話は流れてしまいました。その後、弊社でも入退室管理システム導入の話になり、そこで私が前職のときに知り合った、フォトシンスの営業の方に連絡したことが、今回の導入に結びついています。


Q他社製品と比較した上で、『Akerun入退室管理システム』を選んだ理由を教えてください。

Aドアを交換せずに設置ができたのが決め手でした。

038_mini

こちらのビルは、元々、アパレル企業が入っていてその居抜きだったのですが、オフィス仕様ではありませんでした。ドアは電子錠ではなく物理錠で、しかも入退室管理システムを設置するためのドアスペースは幅が3.3センチくらいと、オフィス用の物件に比べて細いという問題があったんです。他社の設備を入れるためには、ドアごと交換する必要がありましたが、こちらなら物理錠ではない入退室管理システムを現状のままで導入できました。また、他社製品では、カードの上限枚数が決まっていたり、ログがクラウドではなくオフラインのストレージに保存されたり。また、そういったシステムの場合、カードを1枚紛失すると、そのカードだけ登録削除できず、すべて入れ替える必要があるシステムもありました。『Akerun入退室管理システム』では、1枚だけ登録を削除できるので、そういった利便性の面でも優れていますね。


Q導入後はどのような利用をされていますか。

A入退室管理のログがとれるところが大きなメリットです。

037-2_mini

このオフィスにはまだ入居したばかりですが、入居時からこのサービスを使用しています。入退室に利用するICカードは、専用のものを社員に配布しました。誰がいつ出入りしたか、という入退室管理のログが取れるところが最も役に立っています。ちなみに、設置時の話になりますが、各フロア、ドアによって1〜2ミリほどの幅の違いがあるので、それぞれ微妙に調整しながら設置しています。微妙な調整も可能で安心して使用できています。


Q導入してみて、効果はありましたか。

Aフロアごとの入退室の権限付与も簡単に管理できました。

005_mini

弊社では、社員だけでなく、弊社に登録いただき稼働中のプロフェッショナルの方々も、オフィスに出入りしています。このため、フロアごとの入退室の権限を分ける必要がありました。弊社の社員は全ての部屋に出入りできますが、プロフェッショナルの方々は1階と地下1階のコワーキングスペースのみ入退室できるようになっています。そういった細かい設定ができる点は非常に便利です。


Q社内・社外の利用者はどんな反応ですか。

A「ああ、これね!」という反応をしてくれます。

077_mini

弊社に出入りする多くの方は、『Akerun入退室管理システム』の存在を事前に知っている様子で「ああ、これね!」という反応をしていますね。


Q導入を検討している同じ課題を抱えている人たちへのメッセージはありますか。

A手軽でリーズナブルな上にログも記録できる、“良いとこ取り”のシステムですね。

058_mini

デザイン性の高い建物のドアはガラス製が多く、厚みを必要とする電子錠の設置は難しいのですが、このサービスなら手軽に取り付けられます。さらに、クラウドでログが記録できて、コストもそれほどかからない。さまざまなタイプの鍵の“良いとこ取り”だと思います。


株式会社サーキュレーション

住所:(本社)〒150-0001 東京都渋⾕区神宮前3-21-5 サーキュレーションビル ForPro

お問い合わせは、「株式会社サーキュレーション」ホームページより

URL:https://www.circu.co.jp/