シェアサロンとコワーキングスペースの無人運営に活用


日本総合経営株式会社の導入事例


目的/効果

‐シェアサロンとコワーキングスペースの無人運営

‐入退室履歴から会員の利用状況を把握

‐「Akerun API」を活用し、遠隔操作

日本総合経営株式会社
代表取締役 大嵜祥平さま

経営コンサルティング事業のほか、レンタルオフィス、コワーキングスペース、貸し会議室といった空間活用を提案するコンサルティング事業を展開。コンセプトの設計から、企画・開発・運営までをトータルでサポートする。2015年からは目的に応じてサロンスペースを提供する無人運営型のシェアサロン「Esprit(エスプリ)」を、2017年からはプロデューサーが利用者の相談に乗り、一人ひとりのビジネスへの挑戦を支援するコワーキングスペース「プロコワ」を運営している。教育事業にも進出しており、寺子屋をモチーフに寺院で心の教育をする「BOUKEN(ボウケン)」も手がけている。

Q導入の経緯について教えてください。

A事業で使用していた経験があり、店舗の設計段階から導入を決めていました。

CA7A7503_mini_1

現在、兵庫県芦屋市にあるシェアサロン「Esprit」と、名古屋のコワーキングスペース「プロコワ」にそれぞれ1台ずつ導入しているのですが、実は以前手がけていたコワーキングスペースでも『Akerun入退室管理システム』を使っていたことがありました。存在を知ったそもそものきっかけは、コワーキングスペースを経営している仲間内で、「こんなサービスがあるんだよ」と紹介してもらったことだったかと思います。一度使っていた経験から使用感もわかっていたので、「Esprit」を始めるときには店舗の設計段階から導入を決めていました。


Qなぜ『Akerun入退室管理システム』をお選びいただけたのでしょうか。

A「Akerun API」を活用して、遠隔操作できる点に魅力を感じました。

prokowa4_2mini

弊社では、コワーキングスペースなどの運営だけでなく寺子屋をモチーフに考案した「BOUKEN」事業や空間活用のコンサルティングなど、さまざまな事業を展開しています。それぞれ必要とする鍵の条件が異なるので、実はスマートロックは買い切り型ものから月額制のものまでいくつか使用しているんです。その中で感じている『Akerun入退室管理システム』の魅力は、遠隔地からの解錠や施錠、鍵の付与ができる点や、APIが公開されているので外部のシステムと連携できることですね。


Q導入後はどのような利用をされていますか。

A会員様にはアプリ or 会員カードで入退室していただいています。

CA7A7764_mini_3

シェアサロン「Esprit」では、店舗の入口に設置し、会員様には利用時にご自身で解錠していただいています。『Akerun入退室管理システム』のアプリをインストールしていただいた上で会員カードも貸与し、お好きな方で解錠していただくようにしています。入会される方には、一度見学に来ていただくようにしているので、入会手続きとあわせて『Akerun入退室管理システム』のアカウント登録もご案内しています。入会後は、利用時に対面での手続きが必要ない無人運営のスタイルをとっているので、利用状況は会員様の入退室履歴からチェックできるのが便利ですね。コワーキングスペースの「プロコワ」でも、エントランスに1台設置して同じように運用しています。


Q導入してみて、効果はありましたか。

A電気の付けっ放しなどに対しての注意喚起ができるようになりました。

CA7A7543_mini_4

「Esprit」でも「プロコワ」でも想定通りに使えており、使用感には満足しています。一度、センサーが故障してしまったことがあるのですが、その際も素早く対応していただけたので、非常に助かりました。「Esprit」は、完全な無人運営をしているので、遠隔で入退室履歴がすぐに確認できるのは便利です。例えば、電気が消されていなかったときに、最終の退室履歴からどなたが電気を消さなかったのかもすぐに把握できます。注意を促す機会はあまりないものの、そういった動きも把握できるのは、使ってみて感じた意外な利点でした。


Q今後このサービスはどのように貢献できそうでしょうか。

Aこれからの時代に合わせた事業を展開する中で、活用していけるシステムだと思います。

prokowa2_1mini

私は、単にコワーキングスペースを作るというよりも、これからの時代に合わせた「仕組み」を作っていきたいと考えているんです。場所が持っている強みを人につなげていったり、好きなところで好きな人と働けるような時代……たとえば、沖縄に自分が求めているスキルを持つ人がいるとしたら、遠隔地から仕事依頼だけでなく場所を提供したり。抽象的な言い方になりますが“人や土地の可能性を最大限に引き出すような”プロデュースをしていきたいと考えています。そうすると、おのずと入退室管理システムでの空間管理が必須になってきます。『Akerun入退室管理システム』はAPIを活用して他のシステムと連携できるので、たとえばシェアオフィスの管理をラクにするといった用途にも活用できますよね。ですので、これからも事業を展開する中で活用していけそうだと思っています。


日本総合経営株式会社

住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目23番16号 タキビル

お問い合わせは、ホームページより

シェアサロン「Esprit」URL: http://es-sharesalon.com/

コワーキングスペース「プロコワ」URL: http://procowo.com/


24時間営業/無人化運営



シェアオフィス