24時間営業/無人化運営 の際に導入されている事例をさがす

24時間営業のフィットネスジムやシェアオフィス、ゲストハウスにも『Akerun入退室管理システム』の採用が広がっている。

クラウド上で利用者に鍵権限を与えられる為、受付時に立ち会う必要がなくなる。
利用履歴を活用し、会員に月ごとの利用料金を自動請求しているシェアスペースも。

インタビュー形式にてご紹介(詳細ページあり)



コワーキングスペース会員の入退室履歴や鍵発行を一括管理




スマホでの鍵発行、オートロック機能で次世代シェアハウスを実現




会員専用トレーニングルームの入退室管理を実現、特別感を演出




コミュニティスペースに導入、特別感を生む一つの要素に




シェアサロンとコワーキングスペースの無人運営に活用




ジムの営業時間延長で会員満足度向上、無人運営で人件費削減も


一言コメントにてご紹介

株式会社アイビーリンクスdownload

会員制シェアスペース事業でご使用。会員は利用日数に応じて課金される仕組みだが、『Akerun入退室管理システム』の利用履歴を活用して自動請求する仕組みを構築し、工数削減を実現。将来的には、各地域に一軒家を活用した小さな施設を多店舗展開予定であり、無人運用で入退室履歴を把握する目的でもご利用予定とのこと。

download