人事労務freee連携

打刻漏れや労働時間の適正把握に対応

入退室履歴を勤怠打刻として反映

「Akerun入退室管理システム」で取得されたオフィス入退室時間のデータが、
クラウド型人事労務ソフト「人事労務freee」に勤怠打刻として自動反映され、
従業員による勤怠入力の手間削減や入力忘れを防ぐことができます。
さらに、入退室履歴と勤怠管理システムを連携させることによって正確な労働時間を把握でき、働き方改革関連法で義務化された、労働時間の適正把握に対応できるようになります。