Akerunとは

Akerunとは

世界から、鍵をなくそう。

遡ること、紀元前2000年。
安心安全のために生まれた鍵は、
時代とともに強固に、複雑に、そして増加した。
しかし、それは壁をつくり、世界を分断することにもつながった。

事実、私たちは、行き来する場所やコミュニティの数だけ、
常に大量の鍵やカードを持ち歩き、施錠と解錠を繰り返す。

あらゆる物事がシェアされ、世界が広くつながっていく時代だからこそ、
もっと簡単に、もっとスマートに、それでいて安全につながりたい。
世界を面白くするカギは、鍵をなくすことだ。
そのために、Akerunは存在する。
テクノロジーを駆使し、個人を見分け、自動で開閉する。
物理的な鍵をなくすことで、考える手間をなくし、ストレスのない移動を可能にする。

これまでの常識から解き放たれたとき、
人はもっと自由に行動し、世界はつながれるようになる。

21世紀、人類はキーレスソサエティへ。

すべてのとびらに頭脳を。

世界中のどんな扉も、Akerunを組み込むだけで考える扉になる。
それは新しいライフスタイルのはじまり。

扉が個人を見分けて自動で開閉するから、
どこへ行くにしても鍵や手続きはいらない。
そこに誰がいるのか、空いているのか事前にわかり、
無駄足は無くなり、交流は加速していく。
どんな場所でも、照明や室温などの環境設定を
入った瞬間から「いつもの設定」で過ごし、
自分に合ったナビや天気、街情報が案内される。

ネットワーク化された知能デバイスAkerunは、
扉を起点に、人、データ、コンテンツをつなげていくことで、
一人一人が欲しい体験を先回りして、提供していく。

すべてのとびらに頭脳を。
Akerunは、アクセスインテリジェンスへ。