2020年8月4日

企業情報

アクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」をイメージした新Akerunロゴを発表

キーレス社会の実現に向けて、さらなるサービスの拡大を目指す




株式会社フォトシンス(東京都港区、代表取締役社長 河瀬航大)は、提供するAkerunのサービスロゴを一新し、サービスを紹介するWebサイトや各種資料のデザインをリニューアルします。 ■新サービスロゴを導入する背景
フォトシンスは、「つながるモノづくりで感動体験を未来に組み込む」をミッションに、Akerunの提供を通じて従来の鍵や扉をクラウド化することで、企業によるデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援する”キーレス社会”の実現に取り組んできました。Akerunはこれまでに累計4,500社以上に導入され、従来の鍵の制約からユーザーを解放し、IoTを活用したオフィスのスマート化と同時にセキュリティを強化することで、利便性と安全性を提供するサービスとして規模や業種を問わない幅広い企業で利用されています。

そして今回、本日新たに発表した新戦略となるキーレス社会を実現するためのアクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」を通じて、「AkerunユーザーID」として登録されているユーザーのメールアドレスや電話番号と紐づいたICカードに、指定のAkerunへのアクセス権限が付与できます。これにより、Akerunを起点とした1つのIDを様々な場所やシーンへのアクセス管理に活用することで、さらに高度なセキュリティと利便性を享受できるようになります。この「Akerun Access Intelligence」により、Internet of Things(IoT)のサービスであるAkerunを、Intelligence of Thingsのサービスとして進化させていくにあたり、今回Akerunのサービスロゴをリニューアルしました。


「Akerun Access Intelligence」の詳細は、本日発表のプレスリリースも合わせてご参照ください。
https://akerun.com/aai-visitor/


■新サービスロゴのコンセプト
新しいサービスロゴでは、従来のサービスロゴを基調としながら、「Akerun Access Intelligence」を基盤としたインテリジェントなサービスとしてのAkerunを想起できるよう”頭脳”のデザインを追加し、さらにAkerunでさまざまな場所や空間、シーンにアクセスする動的なイメージを青と緑のグラデーションで表現しました。

なお、従来から提供してきた「Akerun入退室管理システム」(Akerun ProならびにAkerunコントローラー)は、今後Akerunブランドにおける1つの主要サービスと位置付け、今回新たに発表した「Akerun来訪管理システム」や今後追加される新サービスもすべてAkerunブランドのもと展開します。

■今後の予定
本日より、フォトシンスが運営する各種Webサイトで新サービスロゴの使用を開始いたします。
企業パンフレット/サービスパンフレット、販促資料、各種プロダクトに刻印されているサービスロゴ、またその他の各種デザインも順次リニューアル予定です。


また、本日発表の累計50億円を突破した資金調達に関するプレスリリースも合わせてご参照ください。
https://akerun.com/financing202008/

この記事をシェアする

NEWS一覧をみる