Akerun入退室管理システムが2018年度グッドデザイン賞を受賞!

2018年度グッドデザイン賞受賞についてお知らせです。

〜スマートロックを企業向けに進化させ、多様な働き方を推進するサービスデザインが評価〜

株式会社フォトシンス(東京都港区、代表取締役社長 河瀬航大)が提供する、後付け型スマートロックを用いた「Akerun入退室管理システム」は、このたび2018年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
2015年にグッドデザイン賞を受賞した家庭向けスマートロック「Akerun Smart Lock Robot」に続き、今回はスマートロック「Akerun Pro」を用いたクラウドサービスである「Akerun入退室管理システム」としての受賞です。家庭用のスマートロックを企業向けに進化させ、後付け型スマートロックならではの特性を活かし、多様な働き方を生み出せる点が高く評価されました。フォトシンスはこの受賞を受け、IoTを活用したサービスデザインで社会に貢献し、さらなる「Akerun入退室管理システム」の拡大・認知を目指します。


 

■受賞概要
・会社名 :株式会社フォトシンス
・製品名名称 :Akerun入退室管理システム 
・ディレクター :株式会社フォトシンス 開発部
・デザイナー :船水誠、橋本和宏
・製品概要:『Akerun入退室管理システム』は、工事不要・後付けのIoT型入退室管理システムです。 本サービス内のスマートロック「Akerun Pro」やその他付属品の設置は専用のテープで貼り付けるだけで、スマートフォンアプリや交通系ICカードなどで扉の解錠が可能になります。Web管理画面「Akerun Manager」ではどこで・いつ・だれが入退室したのかを閲覧でき、クラウド上で利用者への鍵の一括発行なども簡単に行えます。 また、「Akerun API」の連携により、空調・照明機器など様々なモノの制御を可能にし、セキュリティ向上だけではなく、省エネ対策や自動化など未来のスマートオフィスを実現します。

■コーポレートサイトも同内容の掲載をさせていただいております。