ニーズで見る活用方法 勤怠管理業務を効率化したい

勤怠管理システムとの連携で、その日の最初の入室時間と最後の退室時間を勤怠打刻として自動で同期することが可能。正確な勤務時間の確認・把握により、働き方改革にも活用できます。

勤怠連携によるバックオフィス業務の効率化で勤務時間の短縮に

勤怠管理システム連携による打刻漏れの防止

従来のカードリーダーやタイムカードを活用しての出退勤記録は、従業員の打刻漏れが発生し、月末にその処理に追われてしまう、ということもあるのではないでしょうか。Akerunは勤怠管理システムとの連携によって、オフィスへの入退室をそのまま出退勤の打刻として記録できるため、打刻漏れの可能性を最小化し、労務関連業務の削減に貢献します。その結果、本来注力すべき業務に取り組むことができるため、生産性の向上にもつながります。

客観的な労働環境の把握による働き方改革の推進

企業にとって、従業員の労働環境、労働時間を適切に把握することは必要不可欠です。そこから業務量の配分の見直しなど、働き方改革を推進することにも繋がります。 Akerunを活用すれば入退室履歴から労働時間を算出できるため、客観的な労働環境を把握することができ、より良い労働環境の構築に役立てることができます。

他のニーズから探す

他の活用方法から探す

資料ダウンロード

Akerunは鍵の管理のみならず様々な業務課題を解決するあなたのビジネスパートナーとしてこれからも発展し続けます。
詳しい資料のダウンロードはこちらからお問い合わせください。