業種別活用方法 オフィス

近年、情報のデジタル化により、企業に求められるセキュリティ対策は大きな経営課題となっています。Akerun入退室管理システムを導入することで、情報漏えいリスクの軽減や従業員の安全の確保が可能になり、取引先や従業員から信頼される安心・安全なオフィスを実現できます。

セキュアなワークスペースを実現

執務室など占有部の関係者外の侵入防止

商談、打ち合わせで社外の人が出入りすることが多いオフィス。共有部と占有部を明確に分けることで、意図しない情報の流出防止につながります。Akerunは既存の扉に貼り付けるだけで入退室管理を可能にし、不正な侵入を防止することで、安心・安全なオフィスを実現します。

入退室管理によるインシデントの防止

入室制御だけでは、完全な社内の情報漏えい対策とはならず、事故発生時の原因究明が可能な状態をつくることが必要です。Akerunは入退室履歴を都度取得するので、インシデントの抑止力になり問題を未然に防止することができます。


業務効率化

勤怠管理の効率化

従来のタイムカードなどによる勤怠管理では打刻漏れなどが発生し、予期せぬ業務負荷がかかることがあります。Akerunは勤怠管理システムとの連携によって、入退室履歴を出退勤の打刻として記録されるため、打刻漏れを防ぎ労務業務の効率化につながります。

鍵管理の効率化

物理鍵でオフィスの施開錠を行っている場合、鍵当番を決めたり、役職者しか鍵を持っていないため、何かと不便が発生してしまいます。Akerunを活用することで、ICカードやスマートフォンでの解錠施錠が可能になるため、物理鍵の受け渡しがなくなり、鍵管理の効率化を図れます。


スペースの有効活用

空きスペースでのコワーキング運営

近年、リモートワークの普及から空きスペースが増加したことで、手間をかけることなくコワーキングスペースを開設し、収益化を行いたいという声が増えています。会員管理システムとの連携により、会員登録、決済、鍵権限の付与などを一元化でき、無人・省人化運営が可能となります。

出社率の確認

リモートワーク/テレワークの普及による社員の出社率低減で、オフィスの移転も検討している企業が増えています。 Akerunなら入退室履歴から、実際の社員の出社率を割り出したり、混んでいる時間を算出できるなど、データに基づいたオフィス移転の検討が可能です。また、工事不要・後付けで貼り付けるだけで設置可能なため、移転先でもそのまま利用できます。


ISMS/Pマークなどセキュリティ認証の取得

取引先も安心のセキュリティ要件構築

情報漏えいのリスクが高まる昨今、大手企業のみならず中小企業でもセキュリティ基準を設ける企業が増えています。ISMSやPマークなどセキュリティ認証を取得することで、取引先の信頼向上につながるほか、新たな顧客を開拓できるというメリットがあります。Akerunは各種認証に求められる要件をクリアしており、企業のセキュリティ向上に活用いただけます。


働き方改革の推進

サテライトオフィスの開設

サテライトオフィスとは、本社と離れた場所に設置されたオフィスのことです。設置することで、従業員の自宅に近い場所での業務が可能になり、ワークライフバランスの向上や、遠隔地での従業員採用が可能になるなど、様々なメリットがあります。Akerunの活用で、本社オフィスのカードキーをそのまま活用しての入退室の実現、Webから簡単に入退室権限の付与や剥奪が可能になり、サテライトオフィスの設置時に発生する業務を大幅に削減できます。

出勤時間測定による業務量の見直し

従業員の実際の出勤時間が分からず、業務量の配分見直しができないなど、 働き方改革ではデータによる業務状況の可視化は不可欠です。Akerunなら、オフィスの入退室記録から出退勤時間を割り出すことができ、業務量の可視化が可能となるため、働き方改革の推進に活用いただけます。

他の業種から探す

他の活用方法から探す

資料ダウンロード

Akerunは鍵の管理のみならず様々な業務課題を解決するあなたのビジネスパートナーとしてこれからも発展し続けます。
詳しい資料のダウンロードはこちらからお問い合わせください。