2020年6月30日

サービス・製品

「Akerun入退室管理システム」とNECのクラウド型顔認証サービス 「NeoFace Cloudスマートロックサービス」が連携

〜中小規模事業者が顔認証入退室管理システムを導入しやすくなります〜

株式会社フォトシンス(以下フォトシンス)が提供するオフィス向けのクラウド型「Akerun入退室管理システム」と、日本電気株式会社(以下NEC)が提供するクラウド型顔認証サービス「NeoFace Cloudスマートロックサービス」を組み合わせた「NeoFace Cloudスマートロックサービス(Akerun連携)」を2020年6月30日(火)より提供いたします。

オフィスセキュリティへの高まるニーズ

現在、セキュリティ意識の高まりや個人情報保護法などの法改正に伴う情報セキュリティ対策の必要性を受けて、企業規模を問わずオフィスセキュリティを強化するためのソリューションの導入が進んでいます。

一方で、オフィスの入退室には、現在でも主に物理鍵やカードキーが利用されていますが、中小規模企業を中心に従業員の増減やオフィスの移転などに伴い、管理者によるカードキーの登録や物理鍵の管理が大きな負担になっています。また、デジタル技術の進展により、従来のカードキーによる認証だけでなく、より利便性に優れた顔や指紋などの生体認証へのニーズも高まっています。

中小規模企業のオフィスセキュリティをさらに進化させるクラウド型顔認証ソリューション

このような状況を受けて、フォトシンスでは、2016年7月から世界初(注1)となる既存のドアに後付けで導入可能なICカード対応のクラウド型「Akerun入退室管理システム」を世界に先駆けて提供しているほか、2018年10月からオフィス向けAkerun ProとNECの顔認証技術を連携させ、顔認証でAkerun Proを解錠するソリューションを提供してきました。

そして、今回の「Akerun入退室管理システム」と「NeoFace Cloudスマートロックサービス」の連携により、中小規模企業、特にシェアオフィス事業者や従業員50名以下の企業は、顔認証による入退室管理ソリューションをこれまで以上に低コストかつ容易に導入できます。

また、クラウド型ソリューション同士の連携により、利用者はインターネット回線とスマートフォンやタブレットなどの認証用/管理用端末(認証用、管理用でそれぞれ1台)を用意するだけで、ハードウェアの購入などの初期導入コスト無しでオフィスセキュリティをさらに強化できるようになります。さらに、月額/年額の利用料によるサブスクリプションモデルで利用できるため、事業環境の変化にも対応できる柔軟な運用が可能になります。

【連携ソリューションの概要】

サービス名:
NeoFace Cloudスマートロックサービス(Akerun連携)
 
サービスに含まれるソリューション:
・Akerun Pro(フォトシンス提供)
・NeoFace Cloudスマートロックサービス(NEC提供)
 
販売開始日:
2020年6月30日(火)
 
提供プラン:
「利用者10名以下」と「利用者50名以下」の2つのプランで提供
(利用者が50名を超える場合は下記営業担当までお問い合わせください)
 
利用料金:
フォトシンスの営業担当までお問い合わせください
 
問い合わせ先:
フォトシンス 営業担当 akerun-partner@photosynth.co.jp

【NeoFace Cloudスマートロックサービスの特長】

  • 顔認証による入退室管理が可能になることで、これまで利用していた入室カードや物理鍵が不要になり、利用者の利便性が向上
  • クラウドサービスの活用により、管理者はWebから簡単に利用者の顔の登録、顔認証と紐づいたデジタル鍵権限の発行・剥奪が可能になるため、従来の物理鍵の管理に要する手間と作業を低減
  • NECが提供する世界No.1(注2)の認証精度を有する顔認証技術を活用することで、執務室や高い機密性が必要とされる部屋など特定エリアへのアクセス権限を持たない人をブロックできるため、オフィスのセキュリティが向上
  • クラウドサービスの組み合わせにより、高精度の顔認証技術をこれまで以上に低コストかつ簡単に導入可能。また、導入後も月額/年額課金によるサービス利用で、事業環境の変化にも柔軟性に対応可能な運用モデルを実現

【NeoFace Cloudスマートロックサービス(Akerun連携)の構成イメージ】

NeoFace Cloud

フォトシンスでは、今後も「Akerun入退室管理システム」の進化や様々な最新テクノロジーとの連携を通じて、オフィスのセキュリティ向上とキーレス社会の実現に向けて取り組んでいきます。

(注1)後付け型のICカードで解錠可能なスマートロックを活用したクラウド型入退室管理システムとして

(注2)NEC、米国国立機関による顔認証の精度評価で第1位を獲得
https://jpn.nec.com/press/201910/20191003_01.html

【Akerun入退室管理システムについて】

「Akerun入退室管理システム」は、既存のドアに後付けで導入できる法人向けクラウド型入退室管理システムです。オフィスのドアに後付けで導入することでスマートフォンアプリやICカードを使って施錠・解錠できます。また、Web管理画面「Akerun Manager」や専用のスマートフォンアプリからユーザーの入退室履歴の確認、ユーザーへの鍵権限の付与・剥奪を行うことができるなど、クラウド上での権限管理・入退室履歴管理が可能になります。
また、API連携により外部の勤怠管理システムや会員管理・決済システム、顔認証システムと連携させることで、労務管理、キャッシュレス決済、生体認証によるセキュリティ強化が可能になります。
サービスサイト:https://akerun.com/

この記事をシェアする

NEWS一覧をみる